横須賀市 内一歯科医院HOME一般歯科>知覚過敏

 虫歯でもないのに、歯ブラシを当てると痛い(擦過痛)、冷たいものを食べると歯がしみる(冷痛)、酸味のあるフルーツなどがしみる(酸味痛)などの症状は 知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏

知覚過敏とは、 歯周病や力を入れすぎたブラッシングによる歯肉退縮、噛む力が強すぎてエナメル質がかけるなどにより象牙質が露出することによって起こります。 歯は、本来エナメル質で覆われているため、 よほどのことが無い限りしみたりはしません。ところが、象牙質には、象牙細管と呼ばれる無数の穴が存在し、神経まで直接つながっています。 そのため外部からの刺激を遮断できないのです。

 知覚過敏の治療法は、象牙細管を塞いで、外気を遮断することです。軽度の場合は、柔らかい歯ブラシでのブラッシングによって治ります。またその際、知覚過敏用の低研磨性の歯磨剤を使うと良いです。
 それでも治らないときは、歯科医院にて象牙細管をコーティングする薬を塗布します。すぐに効果が出る場合もあれば、数回塗布しなくてはならない時もあります。
 歯のくびれが大きい場合は、その部位を埋めることにより処置する場合もあります。
 これらの処置をしても治らない重度の知覚過敏の場合、神経を取らなくてはならない時もあります。  
 歯がしみるということは、虫歯や歯周病の危険信号です。それを、見逃さないことが歯の寿命を長くすることにつながりますので放置せず 早めに治療しましょう。

診療時間

平日 10:00〜22:00

土曜 10:00〜15:00

休診 日曜・祝日

MAP

横須賀市 内一歯科医院

地図の詳細についてはこちら

横須賀市日の出町1−12
0120-118-062

ACCESS

横須賀中央駅  徒歩8分
県立大学駅    徒歩15分
米が浜バス停   徒歩3分
日の出町バス停  徒歩1分

駐車場

お車でお越しの方へ